心と身体と日々

潰瘍性大腸炎と精神疾患持ちの主婦のブログ

妊娠した夢、すごくリアル

今日はダメだ。

朝から全然ダメ。気持ちは沈んでるし、お腹は痛いし、身体は重いし、頭はネガティブなことをとめどなく考えている。

夕方のカウンセリングとメンクリ、行けるだろうか。

 

妊娠している夢を見た。

臨月かな、とにかく大きなお腹で、病院の検査室のベッドみたいなとこに腰かけて、赤ちゃんを抱いた女性と喋っていた。

夢の中の私は、お腹が大きくて苦しくて、少し吐き気もするような感じ。無痛分娩だけど、もし普通分娩になってしまった時の出産の痛みを想像して恐怖に震えていた。でも妊娠してお腹の中でここまでちゃんと子供を育てられたことに安堵もしていたような気がする。

 

目が覚めて、現実の私が考えたのは、

いやいや、今の私にはとてもできそうにない…ってこと。

大きいお腹にパニック起こす。出産の痛みになんか耐えられるはずない。

その前に、検診にちゃんと行ったり、つわりに耐えたり、里帰りとか…

 

パニック障害や不安障害や身体の症状があって、

体調悪い時は病院行くのもままならない、

電車もろくに乗れない、

実家に帰るのも必死、

ちょっとした体調の変化でパニックになる、

こんな私が妊娠出産なんて…

 

もう少し体調と精神状態がいい時なら、

前向きに捉えられるんだろう。

夢の中でリアルに妊娠を感じられて、こんな感じかぁ!って喜んだだろう。

 

今日はちょっとダメ。ダメな日。