心と身体と日々

潰瘍性大腸炎と精神疾患持ちの主婦のブログ

実家でリラックスできている。

27日(木)

26日の晩は、お腹も少し落ち着いて、久しぶりにシャワーも浴びれて、早めに眠くなって22時半頃には眠れた。でも、2時頃に左下腹部がめちゃくちゃ痛くて起きて、トイレ行ったり、マッサージしてみたり、ツイッター見たりして6時まで眠れなかった…。あれはなんだったんだろう。便秘かガスか?ずっと「詰まってる感じ」があるとは思ってたけど、この夜は眠れない程度には痛くて焦った。

 

27日は、朝起きて、おじや他を食べ、昼にはしらすと卵ご飯を食べて、寝不足なので少し昼寝した。相変わらず、眠るのは本当に難しい。明日からの3日間は、夫は夏フェスに出かける。当初、母が2泊3日で泊まりに来てくれる予定だったが、予定変更、明日両親に迎えに来てもらって実家に帰り、土曜日に実家近くの大学病院で潰瘍性大腸炎の主治医の診察を受けようということになった。今、自分で電車では行ける状態ではないし、母も最近祖母の面倒を見るため、関東と静岡を忙しく行き来していて、その合間を縫って私の世話に当ててくれるので、行くなら今しかないと思った。

夕方、少し掃除機をかけたりしたのだが、起き出してみたらやはりめまいが出て、一気に不安になる。トイレの回数も増えてきて、パニックもあるし、明日車で実家に帰る、そのことがすごく不安になってしまう。

夜夫が帰ってきて、出前のお弁当を注文して、一緒に食べ始めた時にはまたメソメソしていた。しかも、お弁当を食べるとまた微熱が出た。また4時過ぎまで眠れなかった。

 

28日(金)

何度かトイレに起きたり、夫がトイレに入ってる時に我慢しきれずオムツに漏らしたりと、相変わらずのボロボロだが、11時半頃まで眠る。夫は荷造りをして、スーパーで昼ごはんを買ってきてくれるが、私は具合の悪さと、実家に車で帰る緊張とで、そうめんを4分の1も食べられない。倦怠感が酷く、荷造りもなかなか進まない。夫はギリギリまで私を励ましてくれつつ、夏フェスに出発していった。

夕方、両親が迎えに来てくれる。荷造りを終え、相変わらず怠いが、なんとか不安感も3割くらいに落ち着き、出発する。

不安感の原因はやはり車の移動が怖いということ、パニックと腹痛が不安の種だった。

実家に帰るのも少し不安だった、しょっちゅう喧嘩し、時にひどく険悪な雰囲気になる両親と、同じ空間にいるのが怖かったこと。具合が悪いところに、狭い車内で喧嘩され、父の運転が荒くなったりでもしたら、ただでさえいろいろギリギリになっている私の精神状態はめちゃくちゃになる。あとは、最近自宅以外の場所だと全然眠れなくなること(自宅でも週の半分は朝まで眠れていないが)、自宅以外の場所でリラックスできないことなども不安だった。私は、できれば入院したいと考えているけど、そのことについて非難されたりするのも怖かった。

幸運にもそれらの不安は杞憂に終わって、無事に実家に帰ってきて(最後の最後で漏らしてしまったが)、母の作ってくれた夕食を食べた。実家に着いてしばらくは目眩もしたし、トイレの回数も相変わらずだが、久しぶりにリラックスしてのびのびと食事ができた気がする。

 

明日病院に行って、症状やこれからの治療について主治医と良く相談するつもりだ。今の状態なら入院しなくてもいいのかもしれない。明日の体調次第だ。不眠や自律神経の症状のために、何も考えず少し休みたいけれど、そのためにはどの環境がベストなのか、よく考えたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝たきり3日目水曜日

昨日夕方は、食べると吐き気がしたり、食欲もなくて、作り置いてもらったおじやのことを考えるだけで気持ち悪くなる瞬間もあったけど、夕ご飯はなんとか食べた。思い返してまずかったかなぁと思ったのは、生ハムをちょびっとと、ごまドレがかかったレタスを少しだけと、焼きプリンを食べたこと。脂質的にね…

 

ご飯を食べると少しだけ元気になるような気がする。夫と一緒にマンションの一階へゴミ捨てに。2日ぶりの娑婆…笑。外の空気を吸いましたー。

 

23時半頃。猛烈に腰が痛くなってくる。熱測ってみると37.8度。あぁ、夕飯食べたもの、少し脂質強かったかなぁ…と思う。。まだ入院必須な熱じゃないから大丈夫…と自分に言い聞かせるも、腰の痛みは高熱の時みたいだし、明日から夫が旅行だしで、一人の時にもっと酷い状態になったらどうしようと不安がこみ上げる。

数年前に処方されて、炎症が酷くなった時にだけ飲んでいたアザルフィジンというリウマチの薬があったのだが、この1ヶ月ほど調子が悪くてずっと飲んでいたら少し前にそれもなくなってしまって、転院した近所の大腸クリニックにそれを出してもらおうとしたら、リウマチの薬だから保険では出せないということで処方してもらえず、困ってた。それで、昨日熱でフラフラしつつも大量の薬ストックをゴソゴソ探していたら、少しだけ残ってたのを見つけて、やったーと思い、飲んだ。

1時半くらいになって、熱感は落ち着いてきたものの、その後もトイレ行ったりしててなかなか寝付けないので、漢方薬局で買っていた、その名も快眠という寝付きやすくする健康食品(中身は漢方)を4錠飲んだ。3時半頃にようやく眠れたかな。

 

今朝になって、熱は下がっていてホッとした。アザルフィジンのおかげかな。でもまだフラフラするし、無理してまた夜に熱上がったらまずいので、今日も安静を心がける。夫を見送るのに外を出て少し立ってるだけで、足がガクガク。筋力落ちてる?

今日は土鍋いっぱいのおじや、イシイのミートボール、桃ゼリー、マルコメの甘酒、マリービスケットなど、脂質に気をつけたメニューを飽きないように少しずつ食べる(イシイのミートボールは1袋で9くらいあるけど、1袋も食べないから大丈夫)。そういえばしらすもあった。

 

私のリクエストで夫が送ってくれるパーキングエリアの写真とか、ご飯の写真を、「楽しそうだなぁ、美味しそうだなぁ、お腹が良くなったら食べたいなぁ」と素直に前向きに思えるのが嬉しい。昨日までの体調だったらそれどころじゃなかった。身体も心も少し余裕が出てきたかな。

 

■大腸炎

入院の指標って病院によって様々だと思うけど、便回数、体温、下血の量は気にしている。便回数はいつも忘れてしまうので、数日前からトイレにメモを貼って正の字で数えることにした。一昨々日は夜から明け方までで10回、一昨日と昨日は15回ずつ。20回超えたら病院に連絡しようと思う。体温は39度超えたらヤバイと思ってる。まだ私は38度出たことがないけど、38.5度くらいで電話かなぁ。下血はそんなに多くない。今年、全大腸炎型になったし、熱も出るようになったしトイレ回数も多いし、トイレダッシュもすごいけど、不思議と下血はかつてより少ない感じがする。昨日から生理が始まっちゃって、便器真っ赤で今見分けがつかないんだけどね…。

トイレ回数は相変わらず多いんだけど、そして渋り腹なんだけど、やっぱりちょっと便秘な詰まってる感じがあるんだよなぁ。私は寛解時にはコロコロ便だったり、便秘気味になることも多くて、その感覚に近いんだけど、でも渋り腹で出てくるのはカス、粘液、泥状便だし、よくわからない。空気なのかなぁ…。昨日からおならが出るようになって嬉しい。酷い時はおなら単体で出てくれることはないからさ…。

漢方の先生が、腸を動かして水分を代謝してくれると出してくれてた煎じ薬、電話で症状伝えた時も飲み続けるように言われたけど、熱が出てるし炎症あるし、腸動かすの恐いし、一部便秘気味になってる可能性もある…ということで一昨日から中止してます。炎症落ち着いたらまた飲むね、先生。

今飲んでるのは、ペンタサ4グラム、ペンタサの注腸か座薬(一昨日は注腸したけど、入れた瞬間我慢できずにトイレ駆け込んで全部出てしまったから、やっぱりしばらく座薬か…奥まで届かないけど…)、アザルフィジン。ステロイド飲みたくないよ〜。入院せずとも、一度主治医のいる大学病院でまた診察してもらって、これからの治療について話したい。

寛解に入ったら、乳酸菌とか漢方で腸内環境を整えたり、サプリで腸管修復の治療とかも検討したい。あとは免疫の正常化に関してもっと勉強する。

今家でできることは、油ものを避ける!白湯を多めに飲む…水分摂取はその時によって、必要だったり、あまり多く飲まない方が良かったり、違うのかもしれない。今はちょっと便秘っぽいし…多く飲んだ方がいいんじゃないかな。ほんと出ないんだよー。

 

■不眠

しばらくは快眠を飲んでみようと思う。高いんだけどねー。今一箱あるので、眠れなそうな時に早めに服用するとか。眠れるいい循環に入ってしまえば、何もなくても眠れると思うんだけど…。眠らないと大腸も良くならないし、睡眠の改善は急務。

中医学で言うところの、私は血が足りない血虚の状態なのだけど、血虚だと眠れない、眠れないとますます血虚が進行する、という悪循環なのだそうだ。怖いねー。

今治すべきところであり、体質改善の根幹が、「不眠」と「腸」を改善させることだと思う。腸の改善には時間がかかるし、まずは不眠を治すべし、だ。今は漢方だけど、今後、金銭的なことを考えると、場合によっては西洋薬に頼るのもいいのかもしれないね。前に一度ちょっと飲んだ時は脱力するだけで眠れなかったりもしたし、健忘とか依存とかいろいろ怖かった。でも今は、いろんな自律神経失調の辛い症状が出て、眠れることの方が大事なのかもって思ったりもする。でも依存はやっぱり怖いから、上手に使わないとなぁ。

 

 

 

 

 

 

寝込む2日目

睡眠

1時半〜5時、6時〜10時、13時半〜15時半

 

症状

夜中はみぞおちから左肋骨のあたりが痛くて、さすりながら寝た。

今朝は起きるなり動悸がすごかった。ドンドンと鳴って、とても不快&不安。

昨日より呼吸は楽になったけど、相変わらずみぞおちのあたりがつっかかり、深呼吸すると咳き込んだり、普通にしてる時もウッとなったりする。これは動悸の延長線のような気もするけどよくわからない。

背中と腰が痛い。これはもしかして、寝すぎかもしれない。我が家のマットレスは、長い間寝てると腰痛を引き起こしたりするらしい。うーん昨日からほぼずっと寝込んでるからな…

寝起きは36度台に下がったけど、お昼寝したらまた37.45度まで上がった。午後になると猛烈に暑くなるのは変わらない。

便回数は減っていて、17時現在でまだ6回、かな?生理が始まった模様。お腹じんわり痛いんだけど、もう大腸炎なのか生理なのかわからない。

夕方になると喉が痛い。あと、口の端が切れている。口角炎に関してはビタミン不足かな、無理もない…モリンガ茶でも飲もうか。

朝からお粥一杯を長い時間かけて食べ、お昼寝後に残ってたランチパック1枚とプリン半分を食べたけど、食べると胃が気持ち悪い…

時々、腕が痺れる。左手の中指の神経痛。

 

昨日、入院について考えた。潰瘍性大腸炎もトイレが1日20回を超えて、熱も多少あるし、痛みもあるし、炎症値がどのくらいかわからないけど、大学病院の主治医なら入院しなさいって言うかもなと思った。でも、この体調で電車片道1時間強の道のりを考えると気が遠くなる。一人では行けないし、入院する前提なら頑張れる気もするが、帰されたらと思うと…心が折れる。それなら食事制限して、寝込んで回復を待ちたい。以前もそれで回復させたのだから。

 

腸炎でなくても、この間の免許更新でめまいで倒れたり、自律神経の方もボロボロだ。今まで、動悸も息苦しさもめまいも怠さも、ちゃんと眠れれば治るし、たかが自律神経失調症だと甘く見ていた。でも、今回、大腸炎と不眠と自律神経とPMSが重なって動けなくなり、症状をいろいろ呟いてたら、フォロワーさんから「見ていて、入院した方がいいのではと思いました」と言われ、ああ、傍から見てもそこまで重症なのかぁと思った。

腸炎がなくても、不眠でも、自律神経失調でも、入院してる人もいるようだ。

本当は、潰瘍性大腸炎メインで主治医のいる大学病院に入院させてもらい、そこで動悸とかの症状が病気じゃないか循環器科関係の検査をしてもらったり、不眠のお薬を出してもらったり、あと婦人科も見てもらったり、全身診てもらえたら一番いいんだけどなぁと思う。

でも心も弱ってて、内視鏡とかやりたくないし、新しい治療も本当は怖い。私の精神状態の問題。

そしてやはり行くまでの大変さ。距離の問題。

夫や母の都合。金銭面。

いろいろ考えると、やっぱり入院…はぁ。。

 

でも、不眠と自律神経のこと、ちゃんと考えないとやばいなと思った。

眠れない日がこれからも続けば、今は異常が出なくても、なんらかの病気になるかもしれない。急に死ぬかもしれない。不眠はなんとかしなきゃ。危機感を感じるようになった。